一大決心・・・Nikon F2 with Nikkor-N Auto24mmf2.8

小捨離

断捨離(だんしゃり)とは、部屋の整理整頓と共に生活に調和をもたらそうとする、クラターコンサルタントやましたひでこの提唱する生活術。「断捨利」と記述される事もあるが、こちらは誤字、あるいは権利関係を回避するものである。
断=入ってくる要らない物を断つ 捨=家にずっとある要らない物を捨てる 離=物への執着から離れる
出典:Wikipedia

要するに、
必要以上に物を溜め込まない。(極例では生活に必要でないものは買わない、同じような物は一つあれば充分である事を含む。)
いらない物は捨てる。
執着心から逃れる事を言う。

そこで私の『小捨離』である。
本意ではない(笑
何がと言われると、私のカメラ収集とそれに付随する関連書籍・写真集などの収集の事である。
誠に収集という言葉とは対極にある断捨離である。

我が家では、テレビの住宅のコマーシャルではないが、私は家庭内野党である。
本日選挙であるが、我が家庭においては大幅な議席減はずいぶん前からで、その議席数に応じて先日より家庭内スペースの削減による上記収集物の設置スペースの明け渡しを求められたのである。

激しい攻防の末、与党による実力行使は阻止したものの限られたスペースとなると私も『断捨離』とはいかないまでも、『小捨離』ほどの決意を余儀なくされたのである(笑
c0160387_1142181.jpg
カメラの設置場所を移動するため一時的に段ボール箱に詰める際、『いったい何台あるの?100台は超えてる?』の声に怯えながらも懐かしいカメラにも再会である(笑

これから、新たな落ち着き場所に治める作業が残っているが、その時には私も先の『小捨離』の精神で目標を台数半減において整理したいと思うのである。
省いたカメラについては、然るべきところへ売却するか?netに出すか?使用してくれそうな誰かに差し上げる事にする。
この当初の気持ちが最後まで持続できる事を私自身強く願っているが、今の時点で自信が無い様では先が思いやられるのである。

追記:さぁこれから選挙に行って、私と同じ野党となって大幅議席減となるであろうところでも応援しようと思うのである・・(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-12-16 11:20 | クラシックカメラ