ドイツ・・・Leica M3 with Summicron5cmf2.0沈胴

今回これまた古い写真を引っ張り出した。
いや、正確には引っ張り出したのではなく、写真たてに入れて飾っていた写真を思い出したようにスキャンしたのである。
c0160387_16422952.jpg
これはまだ私が表題のカメラであるライカのM3を手に入れてそれほど日は経っていない頃だと思う。

ある休日に外出先から帰宅した時、自宅マンションの入り口横の道路に止まっているこの装飾した?ワーゲンに出会ったのである。
急いで自宅からカメラを持ち出して撮った写真がこれである。

まぁ手に入れて間が無いカメラが嬉しくてリビングのテーブルの上に置いておいたので、すぐ冷蔵庫の野菜室から(笑 モノクロフィルムを取り出し詰めて撮ったのである。・・やはりライカに沈胴のMマウントズミクロンならモノクロだと確信しながら・・

どうです?
絵葉書くらいにはなりそうでしょ
いやそう言うと絵葉書は完成された構図に題材の取り込みだから、絵葉書みたいな写真と言うのはほめ言葉と以前先輩に聞いたので、自分で言うのはおこがましいが・・

旧車のオーナーがこのワーゲンを大事にして車に注ぐ愛情がリヤホイールアーチに顕れているし、何よりホワイトリボンのタイヤのチョイスがマッチして上品に旧車の雰囲気を出している。

私も旧型とは言えぬ恐ろしく古いが写真を撮る本質を具現化したカメラでこの被写体に出会えた幸運をかみしめたのであった。
古いワーゲンにライカの取り合わせは何とも素敵だと思いませんか?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-10-28 16:58 | 写真