ロンドン・・・GR DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

今まさに大英帝国ロンドンで夏季オリンピックが開催されている。
随分前の開会だから、何をいまさらの感は否めない。
取り立てて興味がある競技があるわけでもないが、日本のお家芸といえる柔道でのメダル獲得の少なさにいよいよ柔道も国際スポーツとなりえたのかもしれないと思うと共に一抹の寂しさを禁じえないのである。

『柔よく剛を制す』とは柔術の世界でよく使われる言葉であり、とりわけ柔道では体の小さいものが相手の力を利用して勝ちを収めるようなときに言っていたような気がする。

しかし、今はそれも国際スポーツとなったからには体重別にクラス分けがあり、体の小さなものが大きなものを投げるなどとはおきようも無いのである。
同じ体重であれば骨格を元とした体幹のよりしっかりしたものの方が有利である。
例えは乱暴かもしれないがボクシングの重量級で日本人がなかなか世界チャンピオンになれないのを見ても顕著である。

それでも今までは100kg超級や無差別級でも日本人が金メダルを獲得する事もまれではなかった。
だが今回は金メダルは女子の1個だけと、いってみれば惨敗である。
今までの競技の中でも体操の内村の個人総合と合わせて金メダルが2個とは寂しい限りである。
c0160387_16261771.jpg
これからいよいよ後半戦である。
陸上のトラック競技には残念ながら望みは薄いが、投擲・球技・シンクロ・マラソンと有望競技も残っている。
選手諸君には『明鏡止水・精神一到、何事かならざらん』といささか精神主義的な声援を送るのみである。

ガンバレ!日本!
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-08-04 16:33 | 近況