キンカン・・GR-DigitalⅡ with GR-Lens5.9mmf2.4+GW-1

キンカン・金柑
柑橘系の果物だが、この果物ばかりは実を食べるのではなく皮を食べるのである。
なぜならその皮に甘さは宿り、実は酸っぱい事この上ないのだ。
いやいや私が知らぬだけで金柑のシロップ漬け等・・他にも食べ方はあるようなのだが私は風邪予防等でのビタミン補給として皮を食べた事はあるが他はない。

ああ、なんと天邪鬼な事だろう・・
昨日今日でキンカンと言えば、それは『金環日食』の事と言わずもがなではあるのに敢えて金柑の話を冒頭に持ってきた(笑
c0160387_22553736.jpg
そうなのだ。
今日は国内で25年ぶり、私の起居する近畿地方ではなんと282年ぶりに我が地球と太陽のちょうど間に月が重なり、それも地球の近くに月が来るため月の影からちょうど輪っかの様に太陽が覗く金環日食が観測できたのである。

時期はあたかも出勤時
とはいえ私はまだ自宅を出る時間ではなく、自宅マンションの東向き廊下に妻と一緒に向かってみるとそこには同じ階のご近所さんが参集して仲良く観測となったのだが・・
ちょうど金環となる少し前から厚い雲が出て見えず・・・残念!

今回写真は昨日・日曜日に久しぶりに近所をぶらついた時に何気に撮った太陽である。
決して日食を撮ろうとしたわけでもないのだが、今日の予兆のための撮り溜めでもあったかのようである。

まぁ今日私は残念ながら自分の肉眼では見る事はできなかったが、私のカメラ仲間といっては叱られそうな先輩が撮影した見事な金環日食を見せて頂いた。
加えて、私の関東地方に住む友人Tも、雲間を縫ってちょうど金環になった時だけはっきり見えたと教えてくれたと同時に夕方には綺麗な夕焼け写真を送ってきてくれたのである。
なんだか日ごろの行いが影響しているとでも言われそうだが、この幾十年・幾百年の時を超える壮大な天体ショーは私に人としての近所付き合いの大切さと、古い友人の温かみのある言葉を思い出させてくれたのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2012-05-21 23:20 | 近況