少女時代・・zenzaBRONICA-S2 with SuperKOMURA50mmf3.5

少女時代・KARA・東方神起・チャングンソク・・・
現在の日本芸能界において韓流と言われるお隣・韓国から続々とグループ・個人の人気者が上陸をしている。
なるほど日本の現在の芸能人というのはそのプライベートを含めた神秘性という物を放棄させられた様にワイドショー他ゴシップ芸能記者の取材に晒されている。
それに比べれば韓国の芸能人というのはいくら近いとはいえ、言葉の違いもあってまだまだその神秘性に受け入れられ易いのかもしれないが明らかに日本をターゲッティングして送り込まれている。
確かこの流れは数年前のヒットドラマであった『冬のソナタ』あたりではないだろうか。

この芸能の一時を見ても韓国の世界戦略は我日本の世界戦略とは大きく違うことが良くわかる。
これは内需だけでは限りがあることが大いに関係しているのである。
ちなみに韓国の人口は4800万人
対して日本は1億2千万人
日本では国内でそこそこヒットすれば充分商業ベースに乗り、いたずらにリスクを犯して海外に出て行く必要が無い。
しかし人口が我が国の半分以下の韓国であれば国内需要だけでは限界がある。

このことから韓国は早い時期から世界を意識した経済活動を展開しているのである。
事実韓国サムスン電子はいまや携帯電話・テレビ・半導体の世界シェアは20%前後を確保し、グループ全体の売り上げは日本円で20兆円なのである。
ちなみにパナソニックはおよそ8兆7000億円とくれば、その戦略が如実にわかろうというものである。
c0160387_13205252.jpg
いよいよ内向きの政治だけではなく外に向けての政治経済活動を期待する。
その手始めがTPP参加の早期表明であり、日本の技術を国内だけのガラパゴス化にしない唯一の方法だと思うのであるが選挙での1票しか術を持たないわが身が歯がゆいのも事実である。

最後に話は冒頭に戻るが、少女時代・KARAなどのスタイルの良い女性グループのダンスを見るのは良いが、『日本のファンを愛しています。』等と臆面もなく口にするヨン様や、確かチョコのCMで『愛してあげる』と言うグンちゃんは私にはちょっと気持ち悪いのだ・・(笑

追記:今回写真は、我大川に浮かぶ決して外洋には出ない川砂利運搬船である。
    外には出ないが、内需拡大の公共投資、都市創造の箱物需要時には大活躍をしたことが見て取れる。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-10-23 13:38 | クラシックカメラ