さくら・・・Rolleiflex2.8C with C.Z Planar80mmf2.8

昨日堀内カラーからポジを取って来た。
やはり12枚に凝縮した思いは傑作揃いである、とはいかないのが難しいところである。
c0160387_73540100.jpg
早速自宅のフラットベッドスキャナで取り込んでみるが、マゼンダ被りが甚だしい。
つまり赤っぽくなるのであるが、ポジを見る限りそれ程ではない。
どうも私のスキャナはデジタル画像として取り込む際に赤に反応が強いようである。

そういえば複写機においても各メーカーによって色に対する反応が違っていた事を思い出したのである。
ブルー系の色が出ない、赤の出方が弱い等々・・
よって今回はフォトショップで少し赤を弱め、補色の緑を強めてみたがいかがだろう。

正直に告白すると、私は色覚に少しながら異常が認められる。
完全にある色がわからないとは言わないが、色に対してわかり辛い色はある。
どうもこれは優性遺伝で息子にも顕著であるのが少し悲しい・・

大幅に話が脱線しているので戻すが、この写真のハイライト部分も薄いピンクのベールをかぶっている所まで補正できていないが、さくらの淡いピンクが反応しているのだと思って欲しい(笑

しかしポジからの取り込みはホント難しい・・

追記:撮影データ・・距離・最短 シャッター速度 1/250 絞り f5.6 フィルム Fuji RAP・ISO100
[PR]

by e-leitz-yasu | 2011-04-07 07:55 | クラシックカメラ