落葉・・・FOCA Standard with oplar3.5cmf3.5

先日の休み
思い立っていつもの大川沿いの紅葉を写真に収めるべく出かけたのである。
持ち出したのは、おフランス製のFOCA Standard(フランス式にスタンダールと発音いたす(笑)
いわゆるFOCAというカメラのグレード?の現し方で言えば、★(one Star) と言う事になる。

つまり★は、距離計なし、低速シャッターも無くほぼレンズは35mm広角オンリー
では、★★は、距離計あり(ピント合わせがファインダーで出来る。)レンズ交換式で低速シャッター無し。
最後に★★★は、上記 Two Star に低速シャッターが装備される。
他にユニバーサルと言われる Three Starまでのねじ式スクリューマウントを今の一眼レフと同じ形式のバヨネットマウントにしてあり、機能的には★★★と同じものなどがある。
まぁ距離計に連動するのが★★等は5.0cmだけとか色々細かいことを言えばきりが無いのだが・・

そんな事はさて置いて、このおフランス製カメラが日本の紅葉の様子をどう写し取るのか?
c0160387_2392049.jpg
色味は良いが、ピントが・・
これは開放から少し絞ったf4.5・1/100で撮っている。
今回はかぶせ式の純正フィルターをおごったばかりに絞りはf4.5固定である。
この絞りもF値計算のし易い現代の倍数系列ではなく昔の大陸系列であるし、シャッター速度は1/500、1/300、1/100、1/50とBしかないので暗いところでは完全にお手上げである。

また話はそれたが、実はピントは手前の桜の木の幹にある。
しかし、シャドウに沈んで良く判らないばかりか、35mm広角とは言え開放近くなので良くぼけるのである。
また、久しぶりの目測なので私の目測の勘が鈍っているのも否定は出来無いが、ピントを置く位置を間違えたと言えなくも無い。
まぁこれはこれで使い方を間違えなければいい絵が造れそうではある。

とりあえず、今回は桜の紅葉の色味に免じて許されよ・・

訂正;シャッター速度は1/500、1/200、1/100、1/50、1/25とBであった。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-11-30 23:26 | クラシックカメラ