鶴満寺・・・FujiXerox XD-530 with FujinonZoom8mm-27mm

大阪市北区長柄東にある新西国33ヶ所の一つである鶴満寺
c0160387_2239782.jpg
これはその八角塔形楼閣付き観音堂
この寺は大和に創建後伊勢・河内・摂津と流転して今から260年前頃に現在の地に移っている。
また、明治18年の洪水で被害を受けた後衰退するが後に再建され大戦の大阪大空襲の被害にあう事無く今に残る。

本堂には阿弥陀如来を安置し、この観音堂には子安観音が安置されているのである。
また、珍しいところではかの大岡越前守寄進の石灯篭もあるらしいが非公開、残念!

この寺が衰退するに至った原因は先に書いた洪水被害であるが、再建に当たった昭和の住職の手法は寺域の縮小及び墓地と一部の建物の移転による財政再建というから今の日本の経済社会の参考になろうと言うものである。

そう言えば、現在の寺域では墓の代わりに老人ホームと私の子も通った保育所を経営しているのである。園児のホーム慰問など今の核家族社会では少なくなった世代間交流は双方にとっても良い事であると感じた次第である。

そうそれは、私の父方も母方の祖父母ともが早死にであり、おじいちゃんやおばあちゃんに甘えた記憶が無い私からしても人生の先輩から受け継ぐ事は多いのだ。
今こそ『楢山節考』を読まねばならん・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-11-15 23:12 | クラシックカメラ