夏終り・・・minolta-XD with MD-W Rokkor28mmf3.5

夏終り、今は秋だろうか?
確かに食欲は一頃に比べ増している(笑
最近購入した長編SFの復刻版も面白く、夜更かしをしてまで読んでいる。
涼しくもありカメラを携えて写真を撮りに行く気構えも起こってきたと言うものである。

このように一つ一つの現象を見てみると紛れも無く秋到来ではあるのだが、いつもの秋と今年は少し感じ方が違う。
それは紅葉の遅れ?
気温の変化がまだ高気温安定であるから寒くないどころか未だに扇風機が手放せない。
暑い夏から寒い冬へ移行する速度がいつもに増して遅いのだ、だから
そうだ、物悲しさを感じないのである。

そう言えば亜熱帯気候のビーチリゾートにいる時は、哀れを感じるときはあれど物悲しさとは無縁である。
気候が良いと労せずとも種々の実がなり、穀物の生育に気がかりも無く生きる手立ては確保できる。そういった土壌で育まれた人種の鷹揚さには物悲しさは無縁なのである。
c0160387_7264482.jpg
いやいや、この物悲しさと言ったものの感じ方は日本人の繊細さ故かも知れないが・・

もう少しすれば『木枯らし一号』が吹くであろうとの天気予報である、来週あたりから肌寒く人恋しい・もの悲しい秋となるのであろうか?
このまま食欲の秋だけだと身体が持たない(笑  いや違った意味で・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-10-22 07:33 | 写真