デジタル黎明期・・・Fuji Xerox XD530 with Fujinon ZoomLens 9~27mm

いつもは朝、出勤前にこのブログは更新する。
しかしこのところの猛暑日の連続には、いくら朝早く目が覚めるとは言っても体がだるく動きが緩慢にならざるを得ない。
早い動きをするとすぐに汗だくと言う事にもなるからでもある。
よって、今日は珍しく夜に更新するのである(笑

ところで一昨日は私の所属する大阪手作りカメラクラブの例会があった。
ここ数ヶ月は暑さから来るだるさで参加しなかったり行ってもすぐ帰っていたのであるが、なんと一昨日は私の司会当番であったから帰らず久しぶりにカメラを数台買うことになったのである。
c0160387_22591779.jpg
その1台はこれで、なんとも珍しいものに出会ってしまったものである。

多分xeroxブランドのデジカメはこれのみであったと思う。
これも簡単に言うと親会社の富士フィルム製 DS300のOEM(相手先ブランド供給)商品である。
元来xeroxというのは複写機で代表され、今はOAと言われるダウンサイジングに代表されるデジタルネットワークのプリントアウト産業を主な守備範囲とする。

そのそう広くない市場を糧として牛耳るには、風上から考える必要がある。
そのための米xeroxの研究所では後の優秀な技術が育まれている。
その一つがイーサネットであり、マウスであり現在のアップルマッキントッシュの基礎となるGUIの概念までもが生まれたのである。
残念ながら、そういった優秀な発明も社外流出の憂き目となり、同様の技術を使ったワークステーション構想はうまくいきかけたけれどもサンマイクロシステムズとともにWINDOWSのMSの後塵を拝することとなったのである。

そういった中でのこのカメラは一種のあだ花であったのかもしれない。
いやOEMだったから後に続くものの供給を受けなかっただけなのだが・・

なんにしても1997年発売のこのカメラはまだ液晶も無く、マクロはCRTにケーブルを繋いで撮らなければならないようなカメラであるが、当時としては驚きの130万画素だったのである。
定価は確か24.8万だった。

売った事はあるが、使った事は無い。
一度使ってみたいと思っているのだがバッテリーを手に入れなければどうしようもないのである。
どなたか?純正品のリチウムイオンバッテリーのNP-510同等品のソニーのハンディカム等に使用されているNP-F550の充電池と充電器をお持ちではないでしょうか?
お持ちであれば是非にもお借りしたいのですが、吉報をお待ちします(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-08-23 23:39 | クラシックカメラ