元箱付・・・Rollei35S with RolleiSonnar40mmf2.8HFT

60年代終盤から70年代にかけて、二眼レフのローライフレックスが放った、35mmフィルムを使用する元祖高級コンパクトと言えるのがRollei35である。
当初カールツァイスから供給されたテッサー40mmと露光メーターの一流ブランドゴッセンを装着し、今でも充分にコンパクトなメカニカルの凝縮された躯体には一部で今尚熱い視線が注がれているのである。

それは装着されたレンズの優秀性による写りの確かさもさることながら、現代のプラスチッキーなオートオンリーのコンパクトカメラおよびコンパクトデジタルカメラのように撮り手の入り込む余地の無い・いわゆる失敗をしない・思考を放棄するかのようなカメラに飽き飽きとしたアナログ人間が、巷には少なからず居る事を示しているのである。

今まで何度か特別にクラシック銘とか外装をプラチナにしたりとかで復活はしているが、今回外装以外は忠実にアクセサリーシューも底部に置いたRollei35が復活すると一部好き者の間で盛り上がっている。

価格は一台50万!!
桐か革張りの豪勢な箱に入ってるんだろう・・

話し変わって、皆さんは70年代当時のRollei35の元箱を見たことがあるだろうか?
c0160387_7511786.jpg
ご披露しよう、これが当時の元箱である。
型押しされたレザー風の外皮に覆われたしっかりしたつくりである。
内部には薄いベージュの布地を丁寧に貼ってあり、ひっくり返した上蓋の中にはやはりRollei35S・Sonnar2.8/40 Rollei HFTのプリントがある。

当時としてもやはり高級コンパクトであった事を彷彿とさせる
c0160387_7562269.jpg
中に入っているのは上蓋中にあったブラックのRollei35Sである。

今回買わずに後悔より買って後悔の原則に則って、いわゆる『40ン年の誕生日に自分へのご褒美』と言う言い訳の元購入したのである。
ボディは当たりも無くシャッター快調、レンズも写りを期待させてくれるHFTコーティングが鮮やかである。

これで私のRollei35もトリオター・テッサー・ゾナーと主だったものは揃ってしまったのである(笑
先日のペンタックスM-40mmf2.8との2台で何処行こう?
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-19 08:05 | クラシックカメラ