わび・錆び・・・LeitzStandard with Jupitar12 35mmf2.8

文字通りの錆びである。
c0160387_754536.jpg
場所は毛馬のこうもん近くこうもんに関わる何かの記念碑を取り囲む柵とその鎖である。

年月の風雪に晒されたせいであろう、見事に錆が出ているのである。
こうして眺めるといやな錆び方ではない。
年月の経過を感じる、誠に『さび』が浮き出ていると言ってよいこの錆び方には好感?を覚えるのである。

我人生において、もう折返しに入って久しいが、人間として・男としてもこのような錆び方をしたいものだとつくづく思う。
いわゆる顔に年輪を刻むと言う事であるが、まだまだ中途半端であることを自覚している。

わび・さびの境地には遠く及ばない・・

追記:しかしこの目測の冴えには我ながら・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2010-05-12 08:13 | 写真