S.S.C(スーパースペクトラコーティング)・・・canon FD35mmf2.0S.S.C

私が始めて自前で購入したカメラは当時ベストセラーとなっていたキャノンのAE-1である。
しばらくして購入したこれも初めての交換レンズは、FD35mmf3.5S.Cである。
当時一眼レフカメラを購入して初めに欲しがる交換レンズの多くは望遠レンズであったのに、私は広角レンズに興味があった。
当時の私は親にねだる事などできもせず、小遣いを貯め購入するわけだからそれはそれは真剣に商品と自分の使用状況・販売価格を勘案して選択購入した思い出がある。
小金を持つようになった今とは大違いである(笑

望遠効果を得るためには、その有り余る体力を生かして撮りたい物まで走って行けば良い。
当時の被写体に天空高くあるものも無く、行く手を阻むものはそう無かったのでそう判断した。

広角効果を得るためには、被写体より離れてもしくは地面にしゃがんで撮ったりとはしていたがレンズを覗いて見る景色としてはこちらの方が面白く、最初の交換レンズとしての選択に繋がったのである。

だがしかし広角レンズにもあまたあり、私が選択した広角レンズは標準レンズ的使い方にも使用できるFD35mmで、あとは価格との相談で当時としても暗めであるf3.5をチョイスした。
確か28mmの方が幾分高く、代表的広角レンズの28mmを買わずに万能性で35mmを選択した事が今の私が35mmレンズフェチになった遠因である。
c0160387_7392374.jpg
当時は本当に高嶺の花でとてもじゃないが買えなかったS.S.Cの35mmf2.0である。

S.S.Cはスーパースペクトラコーティングの頭文字で、当時最先端の多層膜レンズコーティングの事である。
逆光にも強くフレア・ゴーストの低減に威力を発揮した。
昨日大阪ナンバ・キタムラに初めて行った折に見つけてしまい、nikon Fで今年の買い納めのはずが様々な思いとともに購入してしまったのである。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-12-19 07:47 | クラシックカメラ