三上(さんじょう)・・・KonicaC35 with hexanon38mmf2.8

昨日朝日新聞の天声人語に載っていた。
中国には考え事をするのに適したところは、三上であるという言葉がある。
三上・・・鞍上、枕上、厠上のことをさし、考え事や、思考を整理するには、三つの上がうまく行くという教えである。
文字通り、鞍の上は馬上にいる時、現代であればさしずめ電車の中での考え事。
枕上は、寝床に入ってからの事で 厠上は、トイレで用足しをしている時である。

なるほど、思い当たる事は多い。
ただ通勤電車の社内においてはだれかれのイヤホンから洩れる音楽に気を囚われたりするが、本を読むスペースも無く考え事には適しているのかもしれない。
私は良く考え事をしていて降車駅を乗り過ごす事もなるので没頭するのも考え物ではある。

枕上であればあまりに考え事に熱中するあまり、寝不足になる事になる。
様式便器が普及した現代にあっては、厠上がもっともふさわしいかも知れない。

事ほど左様に、現代は悩み・考え事に囚われやすい野かもしれない。
c0160387_8321687.jpg

未来への扉はそこに見えているのに・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-10-29 08:27 | 写真