モノクローム・・Taxona with Novonar3.5cmf3.5

モノクロームの風景
c0160387_14215780.jpg
撮ったカメラが先の大戦のあと、西側から接収して東側で戦後すぐに作られた物である。
よって、西側の工作機械・技術・労働力の影響薄まる前のため、精密機械として比較的工作精度は安定している。

これがのちになると独自の進化と言っていいのか?官僚機構に取り込まれたおかげでありえない進化を遂げる事もある。それはそれで今の時代から見れば面白いことではあるのだが・・

独自進化を遂げる前、東側で作られたこのカメラについているnovonarというnovar、tripletタイプのレンズは、あの大ZEISSがモノクロフィルムの時代に作ったレンズだけにやはりモノクロームにおいてその実力を発揮する。
netの中では評判芳しくないが、古物ゆえ固体の状態は千差万別で多分に誤解を生じているように思われる。
c0160387_1440251.jpg
こんな小っちゃなレンズに心奪われる時もある。
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-07-25 14:44 | クラシックカメラ