Rolleiflex 2.8C

時は『たかじん胸いっぱい』の財布の中身ハウマッチ?に出た時に戻る。
当日は南海難波駅待ち合わせで『熊野古道』いわゆる熊野街道の一部であるが、その大阪住吉大社から北上しながら写真を撮ろうというのである。

住吉さんから帝塚山へ着くあたりでちょうど昼。
手近のレストランへ入り昼食を取った頃から雨模様。

古道の散策を切り上げ電車で四天王寺さんへ移動して撮影を続けた。
今回はその中の一枚。
c0160387_7274866.jpg
久しぶりに持ち出したローライフレックス2.8Cである。
四天王寺さんと言えば、五重塔ははずせまい!少し雨に煙る五重塔である。

気になるレンズは名玉プラナー、ハッセルのプラナーとレンズ構成・画角・明るさも同じながらシャープさが違う気がする。
どちらかと言えば、コントラストも低く、優しい写りをするといえば良いのか・・
c0160387_7383343.jpg
多分、明日辺りにはこの間の京都も含めたフィルムの現像とデジタル化がなされ、届くであろうから怒涛のアップといくかもしれない(笑
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-03-13 07:48 | クラシックカメラ