桜咲く?

昨日今日と春の陽気である。2月である事を除けば、桜の開花宣言が出ても不思議が無い。
昨年今頃はまだ梅の開花もチラホラで、恒例の大阪天満宮の盆梅展でも屋内以外は満足に咲いていなかった。
c0160387_13563816.jpg

以前手作りクラブのブログにもアップしたが、最近持ち出してきて居間で空シャッターを切ったりしてるNikomat Ftnで撮影した。
c0160387_1359890.jpg
何年か前にとあるカメラ買取店のジャンク箱で発見した。

電池は無くメーターまでの確認はできないが、外観は素晴らしく綺麗でアタリ・凹みは一切無い。
シャッターも目視で確認する限り、低速から高速まで信頼に足ると思えた。
これが3K円なら購入することに何のためらいも無いところだ。

ただ、少しばかり問題があった。
それはこのカメラのコンディションチェックをしているのが私の前のおじさんだと言うこと。
私はそのコンディションチェックを後ろから盗み見ていたにすぎない。

半ばあきらめ他にめぼしいものはないかとジャンク箱を見るが、カビだらけのAFレンズとシャッターがジャムっているペンタックスMEスーパーくらい。
『後はろくなもんが無い、残念』

しかし目の前のおじさんは何事かつぶやいた後、手にしていたFtnを箱に戻し立ち去った。
チェック済なので、即買い(笑
だからこうして私の手元に来たわけだ。

さて、あのおじさんはなんて言ったのか?
『レンズがないなぁ』だったか?いや『やはり重いなぁ』だったような・・・
現役時代はNikon Fのサブとして使われていたのだから、その重さも何より信頼性の証だった。

帰って手持ちの電池を入れると、メーターも元気良く動き出したことを報告する。
その後二匹目のドジョウはいまだ現れない・・・
[PR]

by e-leitz-yasu | 2009-02-15 14:41 | クラシックカメラ