秋の夕暮れ

ようやく秋の訪れを感じる今日この頃である。
少し前までは日本もついに地球温暖化の影響で四季が崩れたかと思わせるほど暑さが取れなかった。
事実11月にもなるのに未だに日中は半そででも充分過ごせる気候には、40年近く前の子供時分と比べるとその温度差は軽く5度以上の差はあるだろう。

大阪は全国的に見ても木々の緑が少なくヒートアイランド現象が顕著である事は疑うべくもないが、自宅近くの桜並木や銀杏の木を見てもいまだ紅葉の気配すら見えない。

このままでは春と秋が非常に短い春・夏・夏・秋・冬とでも言えばいいような季節感を感じる。俳句の類の季語が通用しない現代に憂いを感じざるを得ない。
c0160387_6522589.jpg
川端の桜並木もようやく色づいた、昨年晩秋の大川である。久しぶりにスタンダード+エルマー5cm
[PR]

by e-leitz-yasu | 2008-11-05 06:58 | クラシックカメラ